結婚指輪をプレゼントするならヨンドシーで購入しよう

熟練の職人による手作り

リング

彫刻のレベルを確認

ハワイアンジュエリーは、職人が手彫りで作成する自然をモチーフにしたデザインのジュエリーです。結婚指輪としてもハワイアンジュエリーは人気があります。ハワイアンジュエリーで使われるモチーフにはそれぞれ意味があり、ハワイの花であるプルメリアは「大切な人の幸せを願う」であったり、ハイビスカスは「新しい始まり」、マイレは「絆」や「縁結び」の意味を持ちます。結婚指輪は長く使うものなので、ハワイアンジュエリーで結婚指輪を選ぶ時には、丈夫な素材を選ぶことが大切です。一般的には、結婚指輪として適している素材としてプラチナかゴールドがあげられます。ハワイアンジュエリーでは、ゴールドは14Kが使われていることが多いのですが、結婚指輪の場合は14Kよりゴールドの比率が高い18Kを選ぶケースが多いです。ショップによって違いはありますが、ゴールドの種類は、ホワイト、イエロー、ピンク、グリーンの中から選ぶことができます。価格は、素材やリングの太さで変わります。太めのリングになるほど値段があがるので、予算に応じてどのくらいの太さにするか考えてみるといいでしょう。ハワイアンジュエリーの多くは、モチーフが表面に彫られていることがほとんどですが、中には、指輪の裏側にモチーフを彫刻しているデザインもあります。モチーフの彫刻は、美しさや繊細さが職人の熟練度によって異なります。ネットではなかなかわかりにくい部分もあるので、口コミを参考にしたり、いくつかのショップで実際にハワイアンジュエリーを見て、彫刻のレベルを確認してみるといいでしょう。